両親が住む実家が雨漏りに見舞われた体験について

私の両親が居住している実家は祖父から受け継いだ古い家なので建材の劣化が進んでいるのが悩みでした。
機会があればリフォーム工事を行うことを話していましたが、台風による大雨が発生した際に屋根が損傷してしまい、雨漏りに見舞われたことがありました。


雨水が入り込んだ当初、両親は室内で水をこぼしたと誤解していましたが、雨が降る度に同じ部分が濡れることや、天井に黒いシミが生じていたことから雨漏りをしていることに気が付きました。



しかし、建材の傷みから生じたトラブルなので大掛かりな工事になってしまうと危惧した両親は周りの水気を拭き取り、市販の乾燥材を散布する応急処置を自分たちで行っていました。



そのため、外見の異常は解消されましたが、建材の内部に沁み込んだ雨水がカビの発生や腐食を招いてしまいました。建材の腐食に伴う変形や亀裂によって天井が歪んでしまい、久しぶりに実家に帰省した私が不具合に気付いたことでようやく本格的な修繕を行うことになりました。雨漏りによる建材の腐食が拡がっていたため、天井を支える部分をまるごと交換することになり、費用も嵩んでしまいました。



支出を低く抑える目的で応急処置に留めたことが却って自宅の損傷を招いてしまったことを両親は深く反省し、今後はわずかな不具合が生じたらすぐに専門業者に検査や修繕を依頼することを決めました。

修繕工事が終わった現在では天井部分の不具合が無く、両親は快適な暮らしを営んでいます。