雨漏りは施工ミスが多い場合がある

室内の天井や壁にシミが発生した場合には雨漏りがその家で発生している事を疑いましょう。

実際自分の家でも新築で購入し3年目で1階の室内のリビング壁にカビが発生して黒くなってしまい、販売会社へ連絡し施工業者に見てもらったところ外壁や屋根には異常はないとの事で、暫くは様子をみて欲しいとの事でした。



また、状況が変わりカビが大きくなった時に連絡をしてくれると直ぐに確認をしに伺うと言う事で帰られ、販売業者も雨漏りだと断定出来た際には補修は必ず行いますとの話でした。



そこで、台風シーズンになり風が強い雨の日に前回と同じ場所から今度は水が浸みだしているのを確認したので、直ぐに業者と販売会社へ連絡をしました。そこで、状況を確認して貰いましたが、今回も原因はわからずかと思っていたところ、施工業者の担当者が外壁を再度確認したところ、窓の上部に外壁材とアルミサッシのすきまに埋めてあるシーリング材が一部埋められていない事に気付かれ、新築当初は塗装にて隠れていたのが、窓の開閉を行う内に埋められていない部分の塗装が剥がれてしまい穴が開いた様になって、風が強い雨の際に雨が侵入し次第に壁にカビが発生したものと解りました。

壁内がどの様になっているかを確認するためにクロスを剥がし、不燃材のボードも剥がして状況をみたところ内部は濡れた状態でカビが発生しており、申し訳ないと直ぐにこちらの予定を聞いてくれて後日手直し工事が三日間あり、漏れの原因である部分も再度綺麗に補修し無事雨漏りからは解放されました。