自宅で雨漏りが発生した時の体験談

私の家はとても古いので所々ガタが来ており、そろそろ建て直したいと思っていたのですが、とてもそんなお金はないので壊れた部分を修理しながらなんとか住んでいるという状況でした。そして、昨年の春には雨漏りまでするようになってしまいました。


取り敢えずその日は水が落ちてくる箇所にビニールシートを敷き、その上にバケツを置くという応急処置でしのぎました。そして、翌日には雨が上がったのではしごで屋根に上って状態を確認してみたのですが、素人目にはどこに異常があるのかわからなかったので、プロの業者に修理を依頼することにしました。

業者にどのくらい費用がかかるか質問したところ、「応急処置なら3万円程度で済むが、本格的に屋根を修理するなら100万円近くかかる」と言われてしまいました。


できれば本格的に屋根を修理したいところですが、私の家はあまり金銭的に余裕がないので100万円近いお金を用意するのは簡単なことではありませんでした。



また、業者からは「応急処置だけで済ますと雨漏りが再発する可能性があるので本格的に屋根を修理した方が良い」と言われたのでどちらにするかとても悩みましたが、最終的にはあまりお金のかからない応急処置で済ますことにしました。



私が応急処置を依頼した業者は連絡してからすぐに対応してくれましたし、作業もてきぱきしていてあっという間に終わらせてくれました。

また、応急処置を依頼してから1年くらいが過ぎましたが、今のところ雨漏りは再発していません。